FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目のアンチエイジング研究会レポート その6

女性顔貌の老化と若返り
〇顔の老化症状:①皮膚がたるみ②骨の輪郭がなくなる。③頬骨が目立たなくなる。④柔組織が失われる。⑤鼻唇 溝が深くなる。⑥垂れた唇⑦顎下の皮膚のたるみ⑧脂肪沈着⑨二重顎⑩唇のボリュームがなくなる。⑪口角が垂 れ下がる。⑫深くなったマリオネットライン
〇若く見える顔とは①額が広く突出②鼻が低い③上眼瞼距離が広く膨らみがある④内眼角距離が広い⑤頬骨の突 出・・・・・・西洋人と比べアジア人が若く見えるのはこのため。
〇額の横じわとボトックス注射:眉毛位置の調整ができる。深いしわが浅くなる。毛穴も改善する。
〇上眼瞼のしわ、たるみ:上眼瞼除皺術がある。
〇老化に伴う顔面脂肪層の変化:●顔の脂肪は下方向に移動、目、額、頬、側頭部、口周囲の脂肪が萎縮する。●鼻 唇溝の上の頬の脂肪と外側の眼輪筋脂の脂肪は下垂する。
〇顔がたるんで見える原因として法令線、マリオネットラインが出てくる。ヒアルロン酸注入で頬のリフトアップ の方法がある。
〇フェイスリフト術:耳垂の前後を切開し、顔面下3分の1を引き締める。
〇顎をすっきりさせ、首を長く見せる方法も若く見せる。
スポンサーサイト

見た目のアンチエイジング研究会レポート その5 

先日行われた見た目のアンチエイジング研究会のレポートを書いています。

肌のアンチエイジング
〇見た目で老いを感じるのは:皮膚のしみしわたるみ、白髪、体型変化、歩き方
ファッション、足の形
〇女性は閉経後、容姿の衰えが加速する。この時何とかしようと思っても遅い。20代30代から継続することが大切。
〇美容医療はこわいでしょうか?まずは肌の若返りから
〇皮膚・顔の加齢:1.色調変化、白から茶、赤、黄、黒へ、しわ、しみ、くすみ
2.形態変化、平坦から凹凸へ、しわ、たるみ
〇オンナの見た目のアンチエイジング:しみ、しわ、脂肪、頭髪
〇オトコの見た目のアンチエイジング:いぼ、しみ、たるみ、頭髪
〇メラニン系異常の病理学的分類(木村):
メラノサイトの増加がある⇒太田母斑、青色母斑、異所性蒙古斑。
メラノサイトの増加がない⇒肝斑、雀卵斑、扁平母斑、炎症性色素沈着。
ケラチノサイトの異常が原因⇒脂漏性角化症、老人性色素斑、日光角化症。
〇日焼け、メラニン産生のメカニズム:紫外線暴露⇒活性酸素、エンドセリン⇒メラノサイトがメラニンを作る
〇シミ:そもそも紫外線からDNAを守るためメラノソームを核の上方に集合させメラニンカップを形成のである。
〇シミ治療のプロトコール:内服、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE。
外用、ビタミンC、トラネキサム酸、ハイドロキノンコウジ
酸、UVケア。
点滴、メガビタミンC、トラネキサム酸、タチオン。
機器、レーザー、光
〇シミに対するレーザー治療:シミのみを選択的に破壊するためには①メラニンに選択的に吸収する波長を決め②メラニンを破壊するに十分な熱エネルギーを決め③熱の拡散 が周囲に及ばずにメラニンのみにとどまる照射時間を決める。
 ●老人性色素斑(ケラチノサイト内のメラニン顆粒の増加)はQレーザー高出力で治療
 ●脂漏性角化症の治療は液体窒素、レーザー、手術。
 ●日光角化症は前がん病変なので見落とさないよう注意。

見た目のアンチエイジング研究会 レポートその4

男性の眼瞼下垂と眼瞼周囲の若返り
〇加齢に伴う眉毛の変化:眉毛の拳上、眉毛形態の変化、八の字化、これらの主な理由は腱膜性眼瞼下垂症である。
〇眼瞼下垂に伴う顔面の変化:前額の水平じわ、眉毛拳上、眉毛八の字化、上眼瞼陥凹、眼瞼下垂、眼裂狭小。
〇加齢性眼瞼下垂症は眉毛と目までの距離が広くなる。ちなみに西洋人に眼瞼下垂はない。東洋人に特徴的なのだ。
〇眼瞼下垂に対する手術を行うと術後:眼瞼は拳上し、眉毛は下垂する。
〇眼瞼下垂患者はさまざまな症状を訴える。:肩こり、頭痛、視野が狭小、まぶたが重い感じ。下垂した瞼を上げようとして眉毛を持ち上げ筋が緊張し肩こり、頭痛がおきる。
〇男性の眼瞼下垂患者は眼瞼位置正常域が多く、肩こりの訴えが多い。
〇手術により頭痛、肩こりの症状が改善する。

見た目のアンチエイジング研究会 レポートその3

先日行われた見た目のアンチエイジング研究会
のまとめを書いています。

体内リズムとアンチエイジング
〇生物の持つリズム:概日リズム(約24時間周期)、概月リズム(約1か月周期)、概年リズム(約1年周期)がある。
〇概日リズムとはサーカディアンリズムといわれ約24時間の周期で変動する生理現象。脳波、ホルモン分泌、細胞の再生、など多くの生命現象にはこの概日リズムが存在している。光、温度、食事などで修正可能である。
〇時計中枢について:視交叉上核、視床下部に存在、それ以外では肝をはじめ各臓器、組織においても独立した時計制御機構がある。時計遺伝子により分子レベルで制御されている。
〇1970年から糖尿病患者が激増した:何が違う?寝る時間、夕食時間が遅くなった。
〇時計遺伝子BMAL1は脂質代謝に関与、高血圧に関与、糖尿病に関与しているのだそう。
〇夜食べると太りやすい:夜BMAL1と共に脂質の取り込みに関わる因子の発現が増える。よって夜は脂質を取り込みやすいのである。

見た目のアンチエイジング研究会レポートその2

先日行われました、見た目のアンチエイジング研究会のレポートを書いています。

見た目は正直です。というお話。
〇皮膚のしわと骨密度の関係を調査したら、その結果、しわが多いほど骨密度が低いという結果であった。
〇植物性エストロゲンである大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールによって骨密度のみならず、しわの抗老化に有効であったという。
〇コラーゲン架橋構造には2種類ある。良い架橋と悪い架橋である。悪い架橋とはAGE(advanced glycation endo priducts最終糖化産物)である。AGE-RAGE(receptor for AGE)は細胞内において酸化ストレスを発生させる。
〇AGE-RAGE系は骨粗鬆症や非アルコール性肝障害、インスリン抵抗性、皮膚のしみしわなどに関与し悪い影響を与えている。これを防ぐのは、メトホルミン、ACE阻害剤、ARB、ビタミンB1、B6。レモン、アボガド、わかめ、シナモン、赤とうがらし、大豆イソフラボンなどである。
〇大豆イソフラボンの代謝産物、エクオールは以下6つのエビデンスがある。①ほてりによい。②骨密度によい。③脂質代謝によい。④全身の脂肪量を減らす。⑤血管内皮の酸化障害の軽減。⑥しわ老化。
細菌エクオールが注目されている。
プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。