FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローさんの4000本安打に思う

かねてより
この人はすごいなあと思っている人がいます。
だいたいアスリートの方です。
とにかく体の管理の仕方がすごい。
特にトップアスリートとなると
別格にすごい。
考え方も独特です。

今回はイチローさんのインタビュー記事が気になりましたので載せます。



問「普通のことを長く保てる人が少ない」 
イ「だから年齢に対する偏った見方が生まれてきたのでしょうね。偏った見方をしてしまう頭を持った人に対してお気の毒だなと思うことはあります。」
問「過去の自分との違いを感じることは。」
イ「昔できたことが今できない、ということが見当たらない。昔考えなかったことを考えるようになったということはあると思います。過去の自分を現在の自分を客観的に見てどうなのかということは大切なことだと思う。ただそういう目を持ちながらもネガティブなことが見つからない。まあちょっと白髪は増えましたけど。疲れやすくなったとか、足が遅くなったとか、肩が弱くなったとか、今の所ない」
問「年齢の固定観念に対して」
イ「僕が使っている野球の道具は最高のもの。僕がしているトレーニングも何十年も前の人たちのそれと比べた時に考えられないようなもの。それを続けている僕がある年齢になるとこうなっているだろう、ああなっていてほしいという考えがそこに垣間見えるのはいや。(意識を変えることは)僕たちの大きな使命だと思う」
問「固定観念を消すことはできるのか」
イ「具体的な例が出てこないと、結局変えられない。倫理的に何かを発したとしても実例がないと説得性はないから。そういう選手が生まれることが一番大きな影響だと思う」

いかがでしたか?イチローさんの身体のメンテナンスは徹底しています。
お金も手間もかけています。
だからこそ、この自信たっぷりのインタビューのお答えなのでしょうね。
スポンサーサイト

庄内アンチエイジング研究会のレポート

先日庄内アンチエイジング研究会に行ってきました。
米井嘉一先生のご講演のレポートです。
米井先生は現在同志社大学アンチエイジングりサーチセンター教授でいられます。

アンチエイジング・アップデートでした。以下要約です。

〇食生活について:食生活が完璧に理想的な人はほとんどおらず、95%の人はなにかしら足りない。たとえば菜食主義はビタミA、CoQ10が足りない人が多い。高齢者は脂溶性ビタミン、リコピン、βカロチンが少ない傾向にある。お菓子が好きな人はヘキサノイルリジン、CoQ10が少ない傾向がある。
〇何か一つ足りないと障害がおきるが足りないものを補充すると改善する。
 マルチミネラルビタミン摂取により、そのリスクは下げる。
〇抗酸化物質αリポ酸の臨床試験:8週間投与することによって血圧がさがり、怒りっぽい、いらいらするなど精神症状が改善した。
〇抗酸化物質アスタキサンチン臨床試験:ストレスのある人を対象にした。8週間投与で血圧低下、DHEA/コルチゾール値が低下した。アスタキサンチンは実は腸管吸収率は低い。だが、高脂肪食時にバクテロイディス群を減らし、乳酸菌群を増やす効果あり。
〇糖化ストレスは糖だけではない。グルコース、フルクトース、中性脂肪、エタノールも。
すべて気をつけよ
〇緑茶カテキンは抗酸化、抗老化作用あり。しかし、番茶はこの作用は弱い。
〇DFPPダブル・フィルトレーション・プラズマ・フェレーシスは酸化LDLやAGE(糖化終末産物)も除去する。家族性高脂血症などに有効。

糖化について

最近のアンチエイジング学会のトピックスとしては
糖化の話は避けて通れません。
まずは言葉の定義のご紹介から。

コラーゲンなどのたんぱく質に食事で摂取した糖がからみついて
AGE(最終糖化反応生成物)が生成され体内に蓄積すること。
この糖化は肌のくすみ、骨の劣化、糖尿病、血管の硬化など
体の老化を早めてしまう。

この糖化を抑制する物質の研究がすすめられていますが
とりあえず、カロリー過多な食事は避けたほうが無難です。

次回は糖化を防ぐ食べ物について、お知らせします。
プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。