FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳と運動

昨日今日と抗加齢医学研究会のため東京に来ています。
本日の特別講師はハーバード大学の精神科ジョン・レイティ先生。
運動と脳について研究している方だそうです。

なぜ日本に来ているかというと
子供の精神的、学業的発達には運動がよいという結果が出ている
(米国ではリーボックと提携して子供を早いうちに運動へ誘う仕事をされている)が
東日本の震災で、福島の子供たちが運動できなくなったと聞いて、
運動がとても子供の精神的発達によい。という講演をしにきたのだそう。(郡山市にて)

今回の講演でも
運動した成人は脳の体積が増す。太っている人は脳が小さい。
アルツハイマー病の人に、運動は脳の機能に良い効果をもたらす。
運動により出るホルモン(HGH,VGEF,ANP,IL8,IL6など)が脳に対してもよい効果をもたらす。とご講演されていた。

ジョン・レイティ先生のホームページは
http://www.johnratey.com/newsite/index.html
出版している書籍“脳をきたえるには運動しかない

運動と脳の体積との関係は
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17167157
アルツハイマー病と運動との関係性は
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21852281
運動時に出るホルモンは
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15998337
ご興味のある方はどうぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。