FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”脳を鍛えるには運動しかない” を紐解く その6

ジョン・レイティ著“脳を鍛えるには運動しかない”を紐解いています。
第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第六章 注意欠陥障害ADHD
私(ジョン・レイティ氏)は1994年に“へんてこな贈り物~誤解されやすい
あなたへー注意欠陥・多動性障害との付き合い方”を刊行しベストセラーになった。
これにより多くの人が注意欠陥障害ADHDを知った。現在ADHDに関しては
研究が進んでいる。オーストラリアで2000組の一卵性双生児を調べた結果、
片方がADHDだと91%の確率でもう片方もADHDだという結果であった。
つまり遺伝が関与しているということである。1990年にはアラン・ザメトキン
がPET(陽電子放射断層撮影装置)を用い脳の違いに言及している
。ADHDの患者の脳は働きが10%落ちており、特に前頭前野に違いが大きかった。
注意欠陥障害ADHDという言葉が初めて登場したのは、
1980年“精神疾患の診断統計マニュアル 第三版”だった。ADHDの子供はすぐわかる。
じっとしていない、ひとつのことに取り組めない、衝動的、攻撃的、整理整頓ができない、
などの特徴があるからだ。ただしスポーツで秀でる子供も多い。
特に複雑な動きを入れたスポーツの方が、有酸素運動だけのスポーツより、
子供の成績を改善させた報告がある。
注意システム回路の調節はノルアドレナリンとドーパミンである。ADHDはこれにむらがある。
青斑核から伸びているノルアドレナリンを運ぶ軸索は腹側被蓋領域VTAから伸びている
ドーパミンを運ぶ軸索とともに扁桃体のニューロンに結合している。突然攻撃的になるのは
扁桃体の調節がうまくいってないからだ。ドーパミンも側坐核いわゆる報酬中枢に信号を送っている
。報酬中枢は何に注目すべきかを前頭前野に伝える役割がある。
前頭前野は作業記憶の拠点であるが、ADHDに関わっている。作業記憶は遂行機能すべての
根幹である。ADHDの人が時間管理が下手なのはこういうわけだ。
情報に注意が向けられればそれでよいのではなく、その情報が脳内でスムーズに流れることも
重要である。小脳は脳の体積のわずか10%であるが、ニューロンの半分を有している。
小脳は前頭前野と運動皮質に情報を送っているがその途中で大脳基底核を通る。
そこはまるで、自動車のギアのようなものである。黒質が出すドーパミンによって
調節されている。ADHDの人は常に高速ギアに入ったままのようなものだ。
大脳基底核のことはパーキンソン病の研究からもたらされた。
パーキンソン病は大脳基底核のドーパミンの不足で起こる病気だからだ。
興味深いことは運動と注意力の深い結びつきだ。だからADHDの子供は武術を
やらせると改善するのだろう。失読症(ADHDの30%にみられる症状)
に運動を通じて治そうとする方法がある。フランク・エリオットは多くの囚人について調べ、
その80%に幼少時、深刻な学習障害があったことを発表した。
自分の外来患者に注意力という点でみてみると、不安、うつ、薬物依存患者の中に
注意システムがよく働かない人がいることがわかってきた。軽いので見逃されていたのだ
。こういう患者にADHDの薬を処方するともとの症状が改善した。
メイヨー・クリニックは1976年から1982年に生まれた子供5718名を対象とした
追跡調査を行った。19歳までで7.4%にADHDが認められ、有病率は16%の可能性と
のことだった。ADHDの子供は40%が成長になり症状緩和するが、前頭前野の発達が
20歳代前半であるということは偶然ではない。定期的な運動は脳の特定な部位に
新しい受容体が生まれ、ノルアドレナリンとドーパミンのベースラインを上げる。
運動は覚醒中枢においてノルアドレナリンの調節をする。ロドニー・ディシュマンは
ADHDの子供と運動について調べた。男子と女子で反応が違った。男子は激しい運動により、
症状が改善するが、女子はそうではなかった。そもそも女子は多動が少ない。
ドーパミン・ニューロンの感受性であるが、男子女子とも向上したが、
男子は酸素摂取量が最大となる運動が最大の効果であったが、女子は65-75%の量の
運動が効果が最大となった。エイミー・アーステンはノルアドレナリンとドーパミンは
前頭前野の“信号対雑音比”も向上させているとした。ノルアドレナリンがシナプスを通る
信号の質を高め、ドーパミンは不要な信号を受け取らないよう、つまり雑音を抑えているという。
スポンサーサイト

”脳鍛えるには運動しかない” を紐解く その5

ハーバード大学精神科のジョン・レイティ先生の著書を紐解いています。
”脳を鍛えるには運動しかない”
第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第五章 うつ
1970年、私(ジョン・レイティ氏)は精神医学の中で働きはじめた。
その頃、ノルウェイの病院でうつ病患者に治療として抗うつ薬か、
運動かどちらかを選ばせているという記事に驚愕した。当時抗うつ薬が
臨床に導入されその効果に驚いていたころだったからだ。
もうひとつのブームはランニングだった。キャンディス・パートが脳内に
アヘン様物質の受容体を発見。体にモルヒネ様物質(のちにエンドルフィンと名付けられる)があり
痛みを抑える仕組みを示唆した。ランナーズ・ハイという言葉もこのころ生まれた。
カリフォルニア州バークレーで行われた、“アラメダ群研究”では8023人を対象に1965年から
26年間にわたり、運動をしなかった人は運動した人より、1.5倍うつになる率が高いとした。
1999年にフィンランドで、2003年コロンビア大学で行われた研究でも似たような結果だった。
運動はエンドルフィンを増やすだけでなく、神経伝達物質をすべて調節する。
運動はドーパミンも放出させる。セロトニンにも影響する。
1999年ジェームス・ブルメンタ-ルは運動と抗うつ薬SSRIとの比較実験をした。
患者156人を運動グループ、薬グループ、両方グループにわけた。
3グループともうつが大幅に緩和した。さらに6か月後、運動だけのグループは
長期いい状態が継続した。抗うつ薬が効かない患者に運動が効果があった症例もあった。
うつ患者の脳MRIで白質に明るい斑点を発見した。またうつ患者の脳の海馬は通常より小さい。
今ではうつは脳の感情回路が物理的に変化したものだと考えられている。
回路の接続機能がうまく働かないのだ。1990年、脳由来神経栄養因子(BDNF)が
コルチゾールの攻撃からニューロンを守っていることが明らかになった。
マウスの脳にBDNFを注射し、電気ショックを与える実験ではBDNFを注射した群がすばやく逃げられた。
ラットに運動させながら抗うつ薬を投与する実験では脳のBDNFが2.5倍に増えた。
ロナルド・デュマンは2006年BDNFとうつの治療をまとめたが、電気ショック療法が
一番BDNFを増やしたそうである。ヘレン・メインバーグは脳深部刺激療法をおこなって
うつの治療をした。ターゲットにした膝下野は全部帯状回の先端にある。
運動がうつによいのは、脳幹が刺激され、やる気がわいてくることだ。BDNF、
その他の因子も運動により増えるからである。
問題は運動とうつの検査で困ることは約半数がドロップアウトしてしまうことだ。
うつの患者に定期的に運動をやってもらうのは大変なのである。
トリヴェディとダンは80人のうつ患者を運動の強度で5群に分け実験した。
しっかり激しい運動をした2つのグループでうつの値を示すテストが半減した。
この激しい運動というのは、週3回、1回に1400Kcalを所費する運動メニューであった。

”脳を鍛えるには運動しかない”を紐解く その4

第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第四章 不安
不安は脅威に対するごく自然な反応。ストレス反応において交感神経系と
視床下部―下垂体―副腎軸の活動が高レベルに達した時点で発症する。
有酸素運動をすれば不安が解消されるという事実は昔から知られていた。
筋肉が働き始めると体は脂肪を分解して遊離脂肪酸を作る。
遊離脂肪酸はトリプトファンと結合していたアルブミンを奪い取る。
トリプトファンは血液脳関門を通過し、脳に入り、セロトニンの構成成分となる。
チリの15歳の高校生198人を2群に分け、1群は週3回激しい運動をさせる、
1群は週1回通常の体育の授業のみという実験をしたところ、
不安の低下率は前者が14%、後者が3%だったとのこと。
BDNFが不安を駆除するにかかせない因子であるという報告がいくつかある。
運動はニューロン結合に必要なものをすべて供給する
。だからこそ運動をというわけだ。不安障害の薬物療法は2つある。
三環系抗うつ剤イミプラミンとβ遮断剤である。イミプラミンはノルアドレナリンと
セロトニンの相互作用を操作する。β遮断剤はアドレナリンの働きをおさえる。
まさしく運動で得られる効果にそっくりである。
2004年のニューイングランドジャーナル誌に掲載された不安障害の
治療法の概説では運動に関しては一言も述べられていなかった。
これに不満をいったのは心臓専門医だった。運動すると、
心筋から心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)が分泌されるがこれが海馬に作用し、
鎮静効果があることがわかっている。さて運動の具体的な効果は以下である。
①気をそらす②緊張をほぐす③脳の資源をつくる。セロトニン、ノルアドレナリン、
GABA,BDNFなどだ④別の結果があることを教える、記憶のすり替えである。
⑤回路を作りかえる⑥立ち直りが早くなる。自己把握である。⑦自由になれる。

"脳を鍛えるには運動しかない"を紐解く その3

第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第三章 ストレス

ストレスとは脳的にはニューロンの活動を引き起こすものはなんでもストレスという。
運動によって引き起こされた、脳の活動は分子サイズの副産物でニューロンを傷つけるが
修復メカニズムが働きニューロンはむしろ強くなる。肉食獣に追われる場合を考えてみよう
。警報が出てから、脳の扁桃体はメッセージを発信し、それによって
副腎がホルモンを出す。まずノルアドレナリンが出てつぎにアドレナリンが出る。
これにより、心拍数、血圧が上昇、呼吸が早くなる。同時に扁桃体から視床下部まで
ノルアドレナリン、副腎皮質刺激ホルモン放出因子が脳下垂体を刺激、副腎を刺激して
コルチゾールを出す。扁桃体は海馬、前頭前野にも信号を送っている。脳の燃料を考えてみよう。
ストレスを察知するとアドレナリンが出る。筋と脳に燃料を供給するため、
グリコーゲンと脂肪酸をグルコースに変換し始める。コルチゾールは肝臓に信号を送り、
グルコースを出させる。さらにタンパク質をグリコーゲンに変換し、
脂肪を蓄え始める。燃料の備蓄である。さて現代人の運動量は、
石器時代の祖先に比べ38%も少ない。だが、食事の量は大幅に増えている。
ニューロンはもともと修復回復のメカニズムが備わっていて軽度のストレスで作用する。
運動はニューロンの回復プロセスのスイッチも入れる。
脳内の修復分子としては脳由来神経栄養因子(BDNF)、インスリン様成長因子(IGF1)、
繊維芽細胞成長因子(FGF2)、血管内皮成長因子(VGEF)などであるが、
脳内だけでなく筋肉の収縮に伴っても生成され血流にのって脳内にも運ばれる。
ストレス耐性の閾値は人によって異なり、環境因子、遺伝的因子、
行動的要因によって変化する。ストレスは生き延びるために大切な記憶を
脳に刻むが多すぎると記憶構造そのものを破壊する。その一因は過剰なコルチゾールである。
コルチゾールは海馬のグルタミン酸輸送量を増やす。グルタミン酸は海馬を傷つける。
クッシング症候群というコルチゾールが増える疾患は慢性ストレスがもたらす病態と
よく似ている。中心性肥満、糖尿病、高血圧、パニック障害などだ。
運動することでインスリン受容体生成が増す。IGF1が増える。
有酸素運動はBDNF分泌量を増やす。これら因子は脳の活動を活発にして、
慢性ストレスの有害事象に負けない脳にしてくれる。

脳を鍛えるには運動しかない を紐解く その2

脳を鍛えるのは運動しかない” を紐解く。 その2

第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第二章 学習
ニューロンの先端はシナプスと呼ばれる。シナプス先端は他のシナプスと実際には
結合はしていないが、伝達物質を出して情報を伝えている。
メッセンジャー役の伝達物質たちは、グルタミン酸、ガンマアミノ酢酸(GABA)、
セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン。セロトニンは脳の機能を正常に保つ働きがある。
気分、衝動性、怒り、攻撃性に関与する。
ノルアドレナリンは注意、知覚、意欲、覚醒に影響する信号を増強する。
ドーパミンは学習、満足、注意力、運動に関与する。
神経伝達物質以外にも重要な物質がある。これは因子と呼ばれる、タンパク質群である。
特にBDNF(脳由来神経栄養因子)は重要である。記憶を強固なものしようとする時、
シナプスが大きくなりシナプス結合が強いものになる。ここにBDNFが寄与している。
カール・コットマンは運動と認知機能が生物学的に結びついていることを突き止めた。
彼はマウスを走らせる実験を行った。走らせないマウス、走らせるマウス、
すごくよく走らせるマウス。BDNFは良く走ったマウスほどその海馬で
急増していたのだ。さらにドナルド・ヘッブのラットの実験がある。
ラットは感覚刺激と社会的刺激の多い環境で脳の構造と機能が変わる。
と分かったのだ。ニューロン新生と学習と結びつきを最初に示したのは、
ヘンリエッタ・プレイグだ。マウスのプールに足場の位置を設定、
足場の位置の記憶力テストである。運動させているマウスは覚えが早い、
のみならず、解剖してみると、海馬の神経幹細胞は運動していたマウスと
運動していないマウスで2倍違った。BDNFが放出されるとき、
体内のホルモンも召集されることが判明した。IGF1(インスリン様成長因子)、
VEGF(血管内皮成長因子)、FGF2(繊維芽細胞成長因子)などである
。IGF1は脳内ではニューロンを活性化させる仕事をしている。
進化の観点からみると私たちは食物を探し、得るため学習するのであって、
これは理にかなっているのである。私たちは体を動かすようにできていて、
そうすることで脳も動かしている。さて、どのような運動がよいのだろうか。
有酸素運動と複雑な動きを要する運動の組み合わせがよいらしい。
ラットで小脳のBDNFが増加したという実験結果がある。
人ではこれから解明されるだろう。

続きはまた明日、、、、

脳を鍛えるには運動しかない を紐解く その1

以前、アンチエイジング研究会で紹介された本がとてもよい本なのですが、
少し分厚いので、少しずつ概要をお知らせしようと思います。たいへん良い本です。

第一章 革命へようこそ
第二章 学習
第三章 ストレス
第四章 不安
第五章 うつ 
第六章 注意欠陥障害
第七章 依存症
第八章 ホルモンの変化
第九章 加齢
第十章 鍛錬

第一章 革命へようこそ
シカゴの西、ネーパーヴィル・セントラル高校では「○時限」という
体育授業を行っている。これは苦手科目の前に体育の授業を受けると
いう取り組みである。まずウォーミングアップ、そして走る。
平均脈拍数が185を目指して走るのである。この授業を受けたあとで
苦手科目の授業を受けると理解力が高まるというのだ。そして成績も好成績となった。
この新しい取り組みは全米で広がりつつあり、スラム街にある学校で取り入れた所、
問題行動が減ったという報告もでるようになった。

続きはまた明日、、、

メディカル・フィットネス・フォーラムに参加して

メディカル・フィットネスフォーラムに参加してきました。
高齢化に伴いますます、需要が伸びると考えられる、メディカル・フィットネス。
今回はその副会長をしておられる猫山宮尾病院の太田先生からご紹介いただき
勉強してきました。

演者は以下の方々です。

1. 新庄整形外科医院 新庄信英先
北九州市で整形外科医院を経営するかたわら、スポーツクラブも経営していらっしゃるそう。
生活習慣病管理料で施設を利用できる仕組みをご紹介してくださった。
クリニックの患者様はスポーツクラブの会費が安くなるという仕組みで
クリニック、スポーツクラブとも会員数確保、退会率低下でメリットあり、
患者様側にもきちんと運動を指導できるというメリットがある。
先生の施設はここ⇒http://www.re-fre.jp/

2. スポーツトレーナー 木内周史先生
筋トレより、パワートレーニングとご紹介。筋力だけでなく時間の要素もありとご指導。
体を支える筋力のみならずとっさに足が出る反応スピードあってこそ転倒防止になるとのこと。
目から鱗の講義。

3. 北陸体力科学研究所 漆原 慎先生
北陸体力科学研究所は設立から27年。その取組方をご紹介。
独自のシステムでまずメディカルチェック→プログラム→実施→チェックと進行させる。とのこと。
こちらから→http://www.sc-dynamic.com/

4. 筑波大学スポーツ医学教授 田中喜代治先生
まず食事から導入、うまくいったらフィットネスを入れていく。と力説。
元気長寿の5箇条 ①現状把握、気づき ②決断。目標設定 ③食生活改善
④運動 ⑤自分の変化に満足。

この4演題後、出展ブース見学の時間がありました。新潟県からは以下です。
 桜湯健康増進施設 ゆあーず
 猫山宮尾病院 メディカルフィットネス CUORE
メディカルフィットネス富永草野
 かえつクリニック メディカルフィトネス・ウォーム
 木戸病院コープ健康づくりクラブWITH
こん整形外科クリニック メディカルフィットネス KOSMI

参加者が多く盛り上がった会でした。ありがとうございました。
bu-su1
bu-su2
プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。