FC2ブログ

見た目のアンチエイジング研究会レポートその2

先日行われました、見た目のアンチエイジング研究会のレポートを書いています。

見た目は正直です。というお話。
〇皮膚のしわと骨密度の関係を調査したら、その結果、しわが多いほど骨密度が低いという結果であった。
〇植物性エストロゲンである大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールによって骨密度のみならず、しわの抗老化に有効であったという。
〇コラーゲン架橋構造には2種類ある。良い架橋と悪い架橋である。悪い架橋とはAGE(advanced glycation endo priducts最終糖化産物)である。AGE-RAGE(receptor for AGE)は細胞内において酸化ストレスを発生させる。
〇AGE-RAGE系は骨粗鬆症や非アルコール性肝障害、インスリン抵抗性、皮膚のしみしわなどに関与し悪い影響を与えている。これを防ぐのは、メトホルミン、ACE阻害剤、ARB、ビタミンB1、B6。レモン、アボガド、わかめ、シナモン、赤とうがらし、大豆イソフラボンなどである。
〇大豆イソフラボンの代謝産物、エクオールは以下6つのエビデンスがある。①ほてりによい。②骨密度によい。③脂質代謝によい。④全身の脂肪量を減らす。⑤血管内皮の酸化障害の軽減。⑥しわ老化。
細菌エクオールが注目されている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR