FC2ブログ

見た目のアンチエイジング研究会 レポートその3

先日行われた見た目のアンチエイジング研究会
のまとめを書いています。

体内リズムとアンチエイジング
〇生物の持つリズム:概日リズム(約24時間周期)、概月リズム(約1か月周期)、概年リズム(約1年周期)がある。
〇概日リズムとはサーカディアンリズムといわれ約24時間の周期で変動する生理現象。脳波、ホルモン分泌、細胞の再生、など多くの生命現象にはこの概日リズムが存在している。光、温度、食事などで修正可能である。
〇時計中枢について:視交叉上核、視床下部に存在、それ以外では肝をはじめ各臓器、組織においても独立した時計制御機構がある。時計遺伝子により分子レベルで制御されている。
〇1970年から糖尿病患者が激増した:何が違う?寝る時間、夕食時間が遅くなった。
〇時計遺伝子BMAL1は脂質代謝に関与、高血圧に関与、糖尿病に関与しているのだそう。
〇夜食べると太りやすい:夜BMAL1と共に脂質の取り込みに関わる因子の発現が増える。よって夜は脂質を取り込みやすいのである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR