FC2ブログ

抗加齢内分泌研究会レポート その4

抗加齢内分泌研究会レポートを書いています。

臓器は若返るーホルモンの威力

〇現在、高血圧症4000万人、糖尿病 820万人、耐糖能障害 1050万人、脂質異常症2200万人。
〇糖尿病は心血管イベント発症率を見ると人生を15年早くすすめている。
〇P16geen(細胞周期進行抑制遺伝子)これは老化シグナルである。この発現を使ってどこが最も老化するか知る。腎臓と腸であった。
〇どこが最も多く血液を使うか?腸、腎である。――人は血管から老いる。と言える。
つまり腎臓は老化を刻む臓器ともいえる。
〇腎臓と腸はミトコンドリアが多い臓器。カロリー制限と運動でミトコンドリアを鍛えるのだ。
〇ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)、血管拡張、cGMPの話
〇ナトリウム利尿ペプチド活性化マウス:BNP-Tgマウス cGK-Tgマウスは太りにくい。骨格筋ミトコンドリアの数が多い。
〇ANPは血管広げる。cGMP上昇させる。体重減少によりANPが効きやすくなる。
〇腎臓が悪くなると筋も悪くなる。CKDモデルマウスは腎臓を5/6摘出したマウスであるが、運動能力は低下する。ミトコンドリア機能(量、ATP産生、活性、活性酸素量)も下がる。
〇ADMAasymmetric dimethyl arginine内因性一酸化窒素阻害物質の話
〇腎臓が悪くなるとADMAが貯まる。心血管疾患発症にADMAが関与しているのである。①慢性腎不全ではADMAが増加する。②末期慢性腎不全においてADMAと死亡率が関連している。③CKDにおいてADMAは心血管病および死亡率と関連している。
〇レニン・アンギオテンシン系抑制で新規糖尿病発症が抑制:アンギオテンシンⅡは培養筋細胞においてミトコンドリアの数を減らし、活性酸素を増やす。
〇グレリンの話:空腹時、胃から分泌されるペプチドホルモン。作用は①食欲を上げる②成長ホルモン分泌亢進させる。③エネルギー同化④抗炎症⑤心血管保護
〇培養骨格筋細胞の実験で、グレリン投与で骨格筋ミトコンドリアの量が増えATP量が上昇した。
〇培養近位尿細管細胞ミトコンドリアに対するグレリンの効果は量依存性に増える。
〇グレリンはUCP2を増加させ腎細胞のミトコンドリア膜電位を低下させる。それによって酸化物質の侵入を防ぎミトコンドリアの障害を減らす。またPGC1αを増加させミトコンドリアの数を増加させる。これにより腎尿細管障害抑制され腎繊維化抑制効果あり、CKD進行阻止できる可能性ある。
☆UCP2:uncoupling proteinミトコンドリア脱共益タンパク質・エネルギーを熱として散逸する機能あり
☆PGC1αミトコンドリアの合成を促進する。遺伝子の転写制御因子
〇肥満の話:食事→消化管により脳に対しては満腹感。膵臓に対してはインスリン、グルカゴンを通して血糖コントロール。胃には蠕動運動を起こす。
〇インクレチンの話:膵β細胞運動から分泌される。GLP-1とGIPが代表的。運動に伴うIL6の上昇は腸のGLP-1分泌を促進する。
〇胃十二指腸を手術するダイエット手術は減量より前に耐糖能がよくなることが知られている。術後GLP-1分泌がよくなるのだ。実は糖尿病も手術で治ることも知られている。
こういう症例はもともと腸がわるかったのではないか?
〇腸の時代がやってきた?!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR