FC2ブログ

抗加齢内分泌研究会レポート その5

先日行われた抗加齢内分泌研究会のレポートを書いています。

ストレスホルモンと運動

〇身体不活動は死亡に対する4番目の危険因子なのである。:①高血圧(13%)②喫煙(9%)③高血糖(6%)④身体不活動(6%)⑤肥満(5%)
〇WHOの健康のための身体活動に関する国際勧告:①成人は週あたり150分の中強度有酸素活動または週当たり75分の高強度有酸素活動または同程度の中~高強度有酸素活動を組み合わせた身体活動を行うこと②有酸素活動は1回につき少なくとも10分は続けること③中強度有酸素活動を週300分に増やすこと、または同程度の中~高強度有酸素活動を組み合わせた身体活動を行うことでさらなる健康効果が期待できる。④週2日またはそれ以上、大筋群を使う筋力トレーニングをすること
〇ストレスの測定法にはストレッサー、日常いらだち事尺度、ストレスチェックリスト、ストレスマネージメント、心拍数、唾液中コルチゾール などがある。
〇運動時、高強度の運動時ノルアドレナリンが多くでる。
〇ランニングはβエンドルフィンを増加させる。
〇自発的に行う運動でグループで飼育した場合の方がストレス軽減する。(マウス)
〇褐色細胞腫と運動の関係:中等度以上の運動で嘔気や嘔吐を誘発させた。
〇脂肪細胞には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞がある。褐色脂肪細胞は寒冷時、過食時に熱産生する脂肪細胞である。
〇小児に寒冷暴露実験を行った。朝食後2時間以内に来院してもらい、30分間25度の部屋、10度の部屋にいてもらう。測定するものはエネルギー消費量、自律神経活動度、唾液中コルチゾール。:いずれの値とも10度の暴露の方が高くなった。
〇食事記録だけでもストレスとなるか?:食事記録は食事制限と同じくらいにストレスになることがわかった。
〇糖尿病患者の自己管理実行度は?:定期受診、薬物療法は90%上であるが、食事療法は15~17%、運動療法は1型17%、2型は30%であった。実行できない理由は時間がない。天候が悪いであった。
〇2型糖尿病患者は酸化ストレスが高い。
〇2型糖尿病患者でどのような人が酸化ストレス度が高いのか?d-ROMtest、血中ヒドロペルオキシド濃度で測定した。肥満と運動不足の人が高かった。
〇テレビ視聴時間が長い人は身体活動量は低いことが知られている。
〇太っている人は座っている時間が長いというデータもある。
〇歩いている(20分以上)人は2型糖尿病の発症率がそうではない人より低いことが知られている。
〇急性心筋梗塞後、毎日犬と散歩する人はしない人と比べ1年間の死亡率が低いことが知られている。
〇細切れ時間の運動でも運動指標の改善につながる可能性あり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR