FC2ブログ

抗加齢医学会講習会レポート その3

先日行われました、講習会のレポートを書いています。

臨床栄養療法アップデート
〇20万年前クロマニヨン人出現⇒8000年前新石器時代、農耕牧畜の始まり⇒第二次世界大戦後、精製した食品を食べる。⇒現代
〇食物の変化
新石器時代 現代(日本)
タンパク質 % 30 16
糖質 % 45 57
脂肪 % 20 27
食物繊維 g/day 86 10
食塩 g/day 1.5 13
カリウム g/day 7 2.5
カルシウム g/day 1.5 0.6

  タンパク質、食物繊維、カリウム、カルシウム減っている
〇感染症は減り、免疫異常、アレルギー疾患は増えた。
〇現代は精製された糖質の過剰摂取が問題である。5時間血糖負荷検査を行うと、血糖値の変化は、反応性低血糖症、無反応低血糖症、乱高下型低血糖症などがあり、これらの症例では血糖値、HbA1c値は正常なのである。
〇症例:52歳女性うつ症状。検査データ
AST 14
ALT 8
LDH 142
BUN 8
T.cho 162
HDL.c 63
血糖 92
血糖負荷検査 乱高下型
               
AST、ALTが低値なのはビタミンB6の不足、アミノ基転移反応の抑制が考えられる。LDHの低値はナイアシンの不足、基礎的エネルギー代謝の低下が考えられる。BUN低値はタンパク質代謝の低下が考えられる。Tcho低値はリポタンパク合成の抑制が考えられる。
血糖値の乱高下型低血糖症は血糖調節障害の可能性がある。
〇治療として糖質制限によるグルコーススパイクの調節、タンパク質中心食の頻回摂取。栄養素の補給(ビタミンB、ナイアシン、アミノ酸、プロテイン剤):以上により症状は改善した。
〇症例:機能性低血糖症:精製された糖質の過剰摂取は副腎を刺激する。血糖の急上昇の後に急激に低血糖、その後一斉にホルモン値(グルカゴン、ACTH、コルチゾル、アドレナリン、成長ホルモン)が上昇する。不規則な食事も副腎を刺激する。
〇副腎披露の食事療法:朝食は午前9時前に食べる。一日5~7回食とする。炭水化物の前にタンパク質をとる。単純糖質を避ける。急激な糖質制限はかえって危ない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR