FC2ブログ

抗加齢医学会講習会レポート(2・24)

先日行われました、抗加齢医学会講習会のレポートを書いています。

筋肉のアンチエイジング:高齢者こそ運動を

1. サルコペニアとその弊害
〇サルコペニアとは加齢に伴う筋機能の低下減少。サルコペニアによって筋力低下、歩行速度が落ち、転倒の危険、骨折の危険がある。またアミノ酸供給が落ち、組織回復低下する。内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性があがり、2型糖尿病となる。
〇骨格筋タンパク質の代謝:一日の間に同化、異化がある。アミノ酸摂取により高齢者はタンパク質合成速度があがる。(若年者よりも)アミノ酸と糖質同時に摂取では高齢者はタンパク質合成速度はあがらない。ところが高齢者に有酸素運動を加えると若年者と同じ反応となる。

2. レジスタンス運動
〇単回のレジスタンス運動により筋タンパク質合成速度は徐々にあがっていく。そして2日間もつ。
〇高齢男性を対象としたレジスタンス・トレーニングを行い検討した。週3回最大運動量の70%を12週間行う。⇒結果:最大筋力が増大、骨格筋量増加、骨代謝マーカー増える。成長ホルモンとテストステロンとの相関性はなさそうである。筋内のステロイドホルモンは増える。
〇運動はmTORを介してタンパク質合成となる。つまり筋肥大はmTOR をいかに活性化するかがキーである。

3. 運動指導の実際。
〇アメリカスポーツ医学会のプロトコールはすこしきつい。⇒高齢者が続けるのは
むずかしい。 
〇運動強度の問題:けがの危険性が増加する。回復時間が長期化。参加者の維持力低下
〇運動強度を強くしなくても日常生活上は十分なのだ。
〇運動強度が低くても回数が多いければ、同じ効果が得られる。たとえば、70Kgを 10回と50Kgを14回は同じ効果(筋力と筋肥大程度)
〇またレジスタンス運動により骨代謝が改善するのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR