FC2ブログ

老いないための運動量法

抗加齢学会講習会(2013.3.31)のまとめを書いています。
「老いないための運動療法」
〇2045年ころには人口が1億人以下となり65歳以上が45%になる。現在、平均寿命と健康寿命の差は男性6.3年。女性7.9年。
〇筋力は介護予防の有効な指標となりうるか?:握力で3群にわけ、日常生活動作の困難さで見てみると、握力がある群が困難さは小さい。
〇さらに死亡率、循環器死亡率、がんによる死亡率、その他の死亡率も握力である程度予測できる。握力がある方が長生きできるだ。
〇筋肉量が多いと握力が強く、歩行速度が速い。筋力低下に伴い生存率も低下する。
〇年齢別に筋断面積と筋繊維数をみると60歳くらいまで保たれている。
〇年齢とともに筋量より筋力が落ちる。:筋力は筋量に依存する。筋量の低下より筋力の低下の方が多い。筋力は使わない影響の方が大きい。
〇高齢者でもトレーニングにより筋量が増加する。特にtypeⅡ繊維が増加する。
〇久山町で認知症と運動疫学の調査:研究目的は住人を17年間追跡し、定期的運動が認知症に及ぼす影響を検討。現在進行中
〇BDNF脳由来神経栄養因子について:神経細胞の成長、分化、生存に働く。大脳皮質、海馬に多く存在するが末梢神経にも存在する。ラットを回転ホイールで自走させると海馬のBDNFmRNAが増加する。
〇BDNFの増加は運動による認知機能向上を仲介している。ラットの実験より
〇寝たきりの原因は1、脳卒中。2、骨折
〇転倒して骨折しやすい個所:大腿骨頚部骨折、胸腰椎圧迫骨折上腕骨頚骨折、コーレス骨折
〇転倒との関連性:認知機能、平衡機能、握力、下肢筋力、足関節可動性、足の変形、足底感覚、
〇トレーニングで介入すると8か月後で転倒回数が1/4に20か月後で1/5となる。つまり運動は転倒抑制効果があるのだ。
〇座位がちなライフスタイル(不活動)は多くの慢性病の危険因子である。それは生活の質、寿命に影響する。
〇活動がある人、活動がない人の2群にわけてさらに座位時間にわけて全死亡率をみた。座位時間が長いほど死亡率は高い。しかし、活動があった群が死亡率は低いのだ。
年齢とともに3メッツ異常の活動は少なくなる。
〇不活動や肥満は炎症を引き起こす。脂肪細胞から出されるサイトカインはインスリン抵抗性や2型糖尿病と関連する。
〇一流持久性競技者の骨格筋の特性は遅筋(typeⅠ)繊維の割合が高い。酸化系酵素活性が高い。ミトコンドリアが多い。解糖系酵素活性が低い。毛細血管が多い。持久性トレーニングにより骨格筋の適応、代謝特性の変化(ミトコンドリア増殖など)がおこるのか。
〇持久性運動によりミオグロビンがふえる。ミトコンドリア合成される。レジスタンス運度により筋肥大する。
〇年齢とともに三筋後退:腹筋、大腰筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋が後退。なので貯筋のすすめをおすすめする。使うほど増える。使わないとどんどん減る。借筋は不可能。だから運動するのです。加齢とともに速筋繊維(白筋)の選択的萎縮がおこる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンチエイジング新潟

Author:アンチエイジング新潟
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR